私は小説を読むことが好きで、毎日必ず時間を見つけては読書をしています。また一週間に二冊ほどのペースで読んでいます。 そんな私の好きな小説のジャンルはミステリーやサスペンスといったものです。とくに最後まで真相の読めないどんでん返しのあるものや叙述トリックなどを駆使したものは、有名無名にかかわらず本屋さんで見つけると購入しています。 ただ最近はそういったもの以外にもいろいろと読むようになってきました。以前なら自分の好きなジャンル以外には目もくれなかったのですが、インターネットの口コミサイトなどで評判の良いものなどを見つけると好みのジャンル以外のものでも読んでみようかなと思うようになりました。 そして今現在読んでいる本はそうした口コミサイトで見つけたミステリー風味の異世界ものの小説を読んでいます。 異世界ものというのは登場人物が別の世界に飛ばされたりタイムトラベルをしたりといったものなのですが、これも先の展開が読めずかなり面白いと感じました。