パソコンとインターネットのおかげでフリーのゲームというものを誰でも自由に遊べるようになりました。今まではゲームといえば店でソフトを買って専用のハードを使って遊ぶと言う形だったので、無料でゲームをすることなど出来なかったわけです。それがインターネットの普及と共に大きく変わったのは、多くの人にはありがたい話のはずです。ところでさすがに市販のゲームとネット上のフリーゲームを比べればクオリティーの差は明らかです。しかし勘違いするべきでないのは、差があるのはあくまでビジュアルとかシステム的な面のみと言う点で、ゲームの楽しさと言う点では市販のソフトに負けないフリーゲームもいくらでもあるものです。またこうしたフリーのゲームは専用のソフトを使うことでわりと誰でも作れるものになっています。かつてはゲーム作りを素人がやるなど考えられませんでしたが、今なら中学生くらいでも十分に人気作品が作れる時代なので、昔と比べてゲームがはるかに身近になっています。